今更ですが、10年でへそくり1,000万を達成する計画をまとめてみた

2021年1月1日




10年でへそくり1,000万円達成を目指し開設したサイト、1,000万達成!と目標を掲げましたがノープランでした。

そこで今更ですが、現時点、私が考えている10年で1,000万円をためるプランを整理してみたいと思います。

※今後の自分のために...

 



3つの投資にて10年で1,000万

私はもう若くない(48歳)ため、基本スタンスは「資産を減らさない運用」とします。

そこで、どんな商品で運用をするのか?という点です。

 

資産運用といえば、株、投資信託、FX、先物取引など、商品はいろいろありますが、過去の投資にて「気づいたら元金ゼロ」という結末をむかえた経験があります。

若いころはやり直しができますが、もう冒険するような年齢ではありません。

そこで、手堅く運用するために3ヶ条をまとめてみました。

 

同じ失敗をしないための3ヶ条

  • 元金が少ないうちはハイリスク投資しない
  • 複数の商品へ分散投資する
  • 安全資産と危険資産のバランスを意識する

過去の投資失敗は、資金が少ない状態でFX、ワラント債に手を出し、ハイリスクハイリターンなギャンブル投資をしたのが原因です。

そこで、当面は以下のような「長期投資」+「ローリスク~ミドルリスク」の運用で資産を増やしたいと考えています。

  • 国内株式
  • つみたてNISA
  • 米国株式

安全資産と危険資産のバランス、資産をすべて無くさない積み立て、いろんな商品への投資を行う分散投資という点を考慮し、上記3つへの投資を行うのが、現時点ではベストだと考えました。

 

保有商品別の投資について

まずは今のポートフォリオ構成を紹介します↓

2020時点のポートフォリオ

投資をはじめた頃は「日本の企業が一番安心!」という思いから外国への投資などは考えず、すべて「国内株式」へ投資していました。

しかし、一冊の本を読んでからは考えが少し変わり、国内株式→米国株式、国内株式→投資信託に資産を移行しています。

では、各保有商品別にもう少し書いていきたいと思います。

 

国内株式は他の商品にリスク分散

まずは、全体の約90%を占めている「国内株式」です。

 

国内株式は、知っている有名企業が多く、日々のニュースや新聞により情報が収集しやすいために投資をはじめました。

しかし、投資金額が少ないため欲しい銘柄が買えず、現時点ではマイナス運用です。ただ、投資センスがないだけかも...

投資銘柄の紹介はこちら↓

 

そこで、投資センスがないのであれば、資産運用の一部をプロに任せればいいのでは?と考え始めました。

少なくとも「株価チャートの見方」「決算書の見方」をわかっていない私は運用するより、数十倍?数百倍?資産を増やせる確率が上がると思いますので...。

そんなことからはじめたのが「つみたてNISA」です。

 

つみたてNISAは最低2割を積立て

では次に、

私の計画の中で一番の安全資産「つみたてNISA」について書いていきます。

 

つみたてNISAは、毎月同じ額を勝手に積み立てしてくれるので、浪費癖のある私にはピッタリの投資です。

まだはじめたばかりなので全体の2%ほどですが、最終的(定年まで)には200万円を「つみたてNISA」で貯める予定です。

ちなみに以下が、私の考える「つみたてNISAの10年計画」になります。

毎月の積立金は2~3年毎に見直しをすることで、無理なく目標金額を達成する予定です。

年目積立額
(月)
積立額(年)
10年運用分8年運用分5年運用分3年運用分
15,00060,000
25,00060,000
38,00060,00036,000
48,00060,00036,000
58,00060,00036,000
616,00060,00036,00096,000
716,00060,00036,00096,000
830,00060,00036,00096,000168,000
930,00060,00036,00096,000168,000
1030,00060,00036,00096,000168,000

積立総額は2,028,000円ですが、想定利回り(年率)3%として計算すると10年後には2,067,611円となります。

本当は、つみたてNISAの上限である月々約3万3,000円をはじめから行いたいところですが...なにぶん「妻にナイショのへそくり」から積み立てを行っている身。

リターン益は少なくなってしまいますが銀行に預けるより増え、へそくり隠しにもなるので十分だと思います。

投資銘柄の紹介はこちら↓

そして、最後にはじめた投資が「米国株」への投資です。

 

米国株を最低30%以上の比率に

もっとも最近はじめたのが「米国株」への投資です。

 

米国株のことをまったく知らない頃は、一番リスクが高い!と思っていましたが、意外と安全資産かも?と思うようになりました。

最近は、つみたてNISA<米国株式<国内株式の順にリスクが高くなると考えています。

よかったら、こちらの記事も↓

米国株式は、半分は株価の値上がり狙い。あとの半分は高配当狙いです。

 

米国株の購入資金は、現在保持している「国内株式」の一部を処分して買う予定です。最終的には、国内株式:米国株式を1:1の比率(構成比の約30%)になるくらい、米国株式の保有数を上げたいと考えています。

 

定期的にポートフォリオを見直し

では、今後のことを少し書いて終わりにしたいと思います。

 

まだ投資をはじめたばかりの初心者なので、投資で稼いでいる人からすれば「そんなんで目標達成できるわけないじゃん!」とか「買っている銘柄が悪い!」とか思うところも多いかもしれませんが、中身のない目標でも、有ると無いとでは大違い。

常に計画を見直しをしながら目標達成をしたいと思います。

最後には、10万円からはじめた投資で1,000万円になることを夢見て...

 

あと最後に、話はそれますが、最近思うことを書いて終わりにしたいと思います。

最近思うこととは「電子本より紙の本がイイ」ということです。

  • 机上にあれば目に入り、読み返す頻度が増える
  • 1ページの文字数が多く効率よく読める
  • 何度も読みたい箇所に「しおり」で目印をつけれる
  • 売らないなら、鉛筆やマーカーで目印をつけれる
  • 目に優しい
  • 中古本でも良ければ、安く購入できる

特に、以下のような(スキルアップ本、勉強本)は、絶対「紙の本」で購入しています。

いつも電子書籍の方も、たまには「紙の本」を購入してみてはいかがですか?

意外と「紙の本」派になるかもしれませんよ。

ではまた。