スポンサーリンク
スポンサーリンク

守りの資産「コア投資」と攻めの資産「サテライト投資」の比率が!

家計で投資投資信託

最近、資産運用をはじめて慣れてきた感があるのか、高いリスクを取る投資が増えて含み損が大きくなっていると感じはじめたので、ここらへんで「守りの資産(※コア資産)」と「攻めの資産(※サテライト資産)」の比率を見直そうと思います。

私は過去、ギャンブル的な投資で資産運用を強制的に終わらせることになり「もう投資なんてしない!」と、長期にわたって投資の世界から遠ざかっていた時期があり、このままでは同じことを繰り返すかも...と不安に...

【失敗談】素人がFXとワラント債に手を出し元手ゼロに!
15年ぶりに投資を再開!誰にでも投資をしていれば一つや二つ失敗談はあると思います。私も過去にFX、eワラントへ手を出して元金ゼロ+借金を背負いそうになった過去があります。そんな投資失敗談と投資再開ルールをまとめました。

上記の失敗は投資経験にはカウントすらしたくないようなどうしようもない時期だったが、そんな失敗を一度経験しているから今があると思います。

では、現時点で私が投資している「守りの資産(※コア資産)」「攻めの資産(※サテライト資産)」の紹介と、今後の投資の見直し計画を紹介?自分の計画書としてまとめたいと思います。

ちなみに今回の記事は現時点、私の投資で問題となっている「投資信託」に絞り込んで書いています。

スポンサーリンク

コア・サテライト戦略

とりあえず、私の「守りの資産(※コア資産)」と「攻めの資産(※サテライト資産)」の比率は本当に問題があるのか?今のままでもOKなのか?それを判断するために、まずは現状の把握しました。

私が保有する「投資信託」の銘柄を紹介すると以下です。

※リンクは投資実績記事

口座ファンド
つみたてNISA口座eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
つみたてNISA口座eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
つみたてNISA口座eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
特定口座アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
特定口座楽天日本新興市場株ダブル・ブル
特定口座楽天レバレッジNASDAQ-100(レバナス)

少し前までは投資信託といったら「NISA口座(※つみたてNISA)」だけでしたが、スポット購入は「特定口座」、

ではそれぞれ、あくまで私の観点での分け方ですが「コア資産」「サテライト資産」を分けて紹介していきます。

現在のコア・サテライト比率は?

まずは最初に結論から。

私の投資信託への投資額、取得額総額は「479,665円」、現在の評価額総額は「446,021円」で、それぞれの比率(※コア、サテライト)を確認すると以下のような状況に...

  • 取得額でのコア・サテライト比率:「4.7:5.3」
  • 評価額でのコア・サテライト比率:「5.2:4.8」

コア資産とサテライト資産の比率は現時点、ほぼ「5:5」の割合。

ここ最近の「サテライト投資銘柄」の平均取得価格を下げるために行った「ナンピン買い」を繰り返したことにより、かなりリスク寄りの投資になってしまいました。

コア資産の詳細

ちなみに、私とは異なる考え方の人もいるかもしれませんが、私の中での「コア資産」は以下です。

私の「コア資産」の考え

  • 基本的に長期投資
  • レバレッジをかけない投資
  • 米国インデックス投資(※S&P500など

まとめると、

右肩上がりで成長する米国インデックスへレバレッジをかけずに長期投資」ということです。

現在、資産形成用としている手堅い投資信託は以下の3つです。

口座ファンド取得総額[円]時価評価額[円]
特定口座アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型142,279136,319
つみたてNISA口座eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)67,11475,442
つみたてNISA口座eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)16,05016,428

投資実績のトータルとしては、

  • 取得総額:225,443円
  • 時価評価額:228,189円
  • 損益:2,746円

でプラス運用中です。

コア資産の投資である「AB米国成長株投信Dコース」「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」は共に、実績がある米国指数「S&P500」です。

また「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」についても5割以上がアメリカへの投資で、さらに「その他主要国」を合わせると約9割が先進国への投資なるので、かなり手堅い投資!

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の構成比率

多少、アメリカ経済頼み過ぎかもしれないが、もしアメリカがダメになるのであれば世界経済もダメになるだろう!と思うから、コア資産投資の主軸はアメリカ以外に考えられない!

だから、安心してサテライト投資が出来ていると思う。

サテライト資産の詳細

では、先ほどと同じように「サテライト資産」の考えも書いていきます。

私の「サテライト資産」の考え

  • レバレッジをかけた投資
  • 新興国、新興市場への投資

まとめると、

ドキドキ感を楽しみながら儲ける趣味の投資」という位置づけです。

そんな趣味で投資する投資信託は以下の3つです。

口座ファンド取得総額[円]時価評価額[円]
特定口座楽天日本新興市場株ダブル・ブル113,19190,003
特定口座楽天レバレッジNASDAQ-100(レバナス)103,85491,269
つみたてNISA口座eMAXIS Slim 新興国株式インデックス37,17736,560

投資実績のトータルとしては、

  • 取得総額:254,222円
  • 時価評価額:217,832円
  • 損益:-36,390円

でマイナス運用中です。

現時点、新型コロナ、ロシア・ウクライナ戦争、インフレ等、不安要素が多いので、これらの問題が解消されていけば必ず株価は上がっていくと思いますので、もう少し辛抱です。

現物取引しかしていないので、損切りせず株価が上昇するまで我慢すれば損はない!

償還さえされなければですが...

コア・サテライト基本比率とは?

実際、コア投資とサテライト投資、どのくらいの比率で運用するのが良いのか?

調べてみると、資産を安定的に運用する「コア」の部分と、積極的にリターンを狙っていく「サテライト」の部分、投資の基本目安としては「コア:サテライト」は「8:2」くらいが丁度よい!としている情報が多いようだ。

今後、どうするか?

そこで現在の「コア・サテライト」比率、最低でも「7:3」、できれば「8:2」まで変えていくことにしました。

ただ、変えるにしても資金が...

そこで、隠し財産で投資してきた「つみたてNISA」の資産を放棄することに。

私がコッソリ貯めてきた「つみたてNISA」のお金、妻にバラして「私個人→夫婦の老後資金」のお金として変更し、私の貯めた「つみたてNISA」のお金は家庭に没収されてしまうが、代わりに今後の「つみたてNISA」の積立は家計費で出してもらうことに...

家のお金トータルで考えれば、もっとも良い方法だと思います。

おかげで、少し前の記事で書いた「投資額を満額に設定する!」という目的も達成!?

今後は、コア投資は「私の隠し口座(※妻にまだ内緒にしている投資)だけ」となり、サテライト投資は「夫婦の老後資金(※妻のNISA口座+私のNISA口座)」として運用していくことになりました。

最悪、私の隠し口座のお金は「老後に遊ぶ資金!」なので「老後の生活資金!」は守れます。

スポンサーリンク

コア・サテライト資産(まとめ)

投資はギャンブルではない!

ただ、手堅い投資だけだとつまらないと感じてしまうので、適度な刺激(ハラハラ、ドキドキ)のある「趣味としての投資」と、面白味はないがじっくり資産を育てる「資産運用としての投資」のバランスが大事だと思います。

「コア:サテライト」のちょうど良い比率は「8:2」と言われていますが、リスク許容度により「7:3」「9:1」などでも良いと感じています。

私はまだまだ資産形成中なので「7:3」くらいの比率で当面は運用していく予定です。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました