スポンサーリンク
クラウドバンク 口座開設プロモーション
スポンサーリンク
クラウドバンク 口座開設プロモーション

4度目の禁煙で成功して10年経過!キッカケと禁煙方法とは?

断捨離編

禁煙して10年が経ちました。

まだ、運転中の信号待ちなどで対向車線の人がタバコを吸っていると「美味そう!」と数年に一度は考えますが、禁煙数ヶ月目、禁煙数年目のようにタバコのことで頭の中を支配されることはありません。

やっと「禁煙成功!」と言えるまでになりました。

そこで、禁煙成功者である私の禁煙体験談、健康的にも金銭的にも充実してる今について紹介したいと思います。

もし、禁煙を考えている人のキッカケになれば幸いです。

スポンサーリンク

私の禁煙のキッカケ

まず私の禁煙をしたキッカケについて紹介したいと思います。

私が禁煙をしよう!と思ったキッカケは年齢です。

私のおじいさんが70歳後半で禁煙!私の親は50歳後半で禁煙!とくれば、私はさらに20年早く禁煙をしよう!と思い、30歳後半で禁煙することに...

そんな単純な思いから37歳の誕生日に禁煙を開始し、現在48歳なので10年を超えて継続中です!

いまでは禁煙成功者になりましたが、私も過去に3回の禁煙失敗をしています。

スポンサーリンク

禁煙のために行った5つの準備

4度目の成功は、事前に禁煙の準備をしたことが大きかった。

では、私が禁煙に成功した時におこなった5つの準備について紹介します。

禁煙準備①:禁煙開始日の決定

事前準備1つ目は、禁煙開始日を意味のある日に決めたことです。

過去の失敗では何となく明日から禁煙しよう!なんて感じで始めていたので、大きな違いです。

禁煙に成功した今だから言えるが、禁煙は記憶に残る記念日などからはじめると成功すると思います。

実際、私が禁煙をはじめたのは37歳の誕生日。

禁煙の開始日を忘れなくなり、禁煙期間もスグに計算が出来、モチベーションアップにつながります。

私は誕生日だったこともあり、10年以上経った今でも忘れていません。

 

私のまわりの禁煙成功者に聞くと、結婚記念日!とか、子供が生まれた日!とか、孫が生まれた日!のように、何かの記念日に結びつける人が多いです。

そんな風に記念日に結び付けた人の方が、禁煙に成功する確率が高いような気がします。

禁煙準備②:まわりへ禁煙宣言

そして2つ目が「禁煙宣言」です。

過去の禁煙失敗時にも「禁煙宣言」をしましたが、成功した4回目は禁煙宣言した人数に大きな違いがありました。

最後の禁煙宣言は、禁煙開始を37歳の誕生日と決めていたので「〇日から禁煙する!」といった禁煙宣言を、かなり多くの人に対して行ったことです。

あまりにも多くの人に禁煙宣言をしたので、その人達すべてから「禁煙に失敗したんだ!」とか「やっぱり失敗したんだ~!」なんて言われたくないので頑張れた。

禁煙宣言は、決意の固い禁煙宣言をしないと意味がない!

禁煙準備③:自分の行動を分析

そして3つ目が「行動分析」です。

過去の禁煙失敗(3回)ではやっていなかったことです。

私がどんな行動分析を行ったのか?と言うと、以下のようなことです。

行動分析したこと

  • タバコをよく吸う場所はどこなのか
  • どんな時にタバコを吸うのか
  • タバコを我慢できそうなのはどこなのか

参考までに書くと、以下のような結果です。

タバコの本数が多い場所

私がタバコをよく吸っていた場所は、車の運転中と晩酌時です。

その2つの場所(タイミング)で、1日の喫煙本数の7割を吸っていました。

タバコが増える時

たいていの人は同じだと思いますが、イラっとした時などにはタバコの量が増える。

仕事などでイライラしているとき、プライベートでイラっとしたことがあるときは、最低でも本数が4~5本は増えていた。

あとは、週末のパチンコ屋です。

朝から晩まで入り浸ると、平日の3倍近い本数を吸う。

早く負けて帰れば本数はそこまで行きませんが...

タバコを我慢できる場所

タバコを我慢できそう(減らせそう)な場所はどこなのか?と考えた結果、車の運転中が一番減らしやすい!と思えた。

これらの分析結果により、減煙を開始する場所を決めたりしました。

私の場合、禁煙を決めてから禁煙するまでに1ヶ月くらいあったので、すべての場所で吸うタバコの本数を半分にすることからはじめました。

  • 車の行き帰り:10本→5本
  • 会社の休憩:5本→2本
  • 晩酌時:5本→2本

禁煙準備④:タバコ関係物の処分

そして4つ目が「捨てる」ということです。

昔のアメリカ映画で、最後のタバコを特注のケースに保存し飾っていたが、ストレスにより13年間の禁煙を破りタバコを吸ってしまう!という映画(ローズ家の戦争)があります。

タバコに限らず、ジッポ、灰皿といったものでも残しておくと仕事でストレスがある時、我慢出来ない怒り・イライラなどがあった時など、タバコを買ってしまい吸うことも...

そうならないためにも残ったタバコは捨てるか誰かにあげ、灰皿、ライター(ジッポ)は処分です。

私はお気に入りのジッポを処分しました。

捨てるのがもったいない!と思えば、売ってもイイと思います。

禁煙準備⑤:アプリインストール

最後は「禁煙アシストアプリ」です。

Quit Tracker: Stop Smoking - Apps on Google Play
Get the best app to help you quit smoking and motivate you to stay nicotine-free

Google Play で手に入れよう
禁煙アプリは禁煙を応援してくれ、モチベーションアップにつながります。

スポンサーリンク

禁断症状を我慢するための方法

では、ここからは私が禁煙を我慢するためにやったことを紹介します。

方法①:ガンプラ作り

まずは、自宅でタバコを我慢をために一役買ってくれたのが「ガンプラ」です。

created by Rinker
¥3,980(2021/11/29 20:45:03時点 楽天市場調べ-詳細)

ガンプラのMGは作るのに時間がかかるので、値段は少し高いですがオススメです。

タバコ代と比べれば安い!

私が禁煙した頃はちょうど子供も小さかったので、作り終えたら子供のおもちゃになりました。

方法②:禁煙グッズの利用

私は禁煙グッズを2種類利用しました。

まず初めは「電子タバコ」です。

created by Rinker
¥2,980(2021/11/29 20:45:03時点 楽天市場調べ-詳細)

最初の3ヶ月間は禁断症状も強くてタバコを我慢をすることが多かったので、雰囲気(煙)の味わえる電子タバコはかなり良かったです。

ただ、ある程度禁断症状もおさまってくるとリキッド代がばかにならないため、禁煙パイポに変更。

created by Rinker
¥2,400(2021/11/29 20:45:03時点 楽天市場調べ-詳細)

禁煙パイポは1ヶ月くらいで終了。

トータルすると半年くらいで我慢できるくらいになりました。

方法③:タバコの悪影響を検索

最後は「自己暗示」です。

タバコ肺の画像、タバコの悪影響などについて会社の昼食中にネット検索し、毎日見ていました。

タバコがどれだけ健康に悪いのか?とか、自分の肺もこんなに汚いんだ!とかを常に考えるようにして、禁煙のモチベーションを維持しました。

スポンサーリンク

最後に

私がタバコを吸っていたのは1箱300円のころなので、いまと比べれば半分の値段。

本当に止められてよかったです。

この続きは、禁煙により得たもの(メリット)失ったもの(デメリット)で書きたいと思います。

禁煙で得られたもの(メリット)失ったもの(デメリット)!
禁煙に成功して10年、タバコを止めてからの体の変化や金銭面の変化など、禁煙の効果は良くも悪くもすごかった!タバコを吸っていた頃はハーフマラソンに参加するなんて考えもしませんでしたが、初ハーフマラソンで完走(2時間21分08秒)できました。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました