米国株「ライムライト・ネットワークス(NASDAQ:LLNW)」への投資

米国株 妻にバレないへそくり作り

新たに買った米国株「ライムライト・ネットワークス(NASDAQ:LLNW)」。

 

どんな会社なのかを知らないので、自分用としてまとめてみたいと思います。

こちらの情報は、初心者の私が自分用メモとしてまとめている資料になりますので、投資は自己責任でお願いします。

 

また、情報も最新にメンテナンスをしたりもしないので、情報が古かったり、間違っている箇所があるかもしれません。

購入する前には、情報の真偽をご自分で確認願います。

 



どんな会社なのか?

事業内容

ライムライト・ネットワークス(Limelight Networks)は、企業によるより高速なウェブサイト、より反応性の高いアプリケーション、最高品質のビデオ、および一貫したゲームおよびソフトウェア ダウンロードのあらゆるデバイスへの配信を可能とする、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)のトッププロバイダー。

CDNとはコンテンツデリバリーネットワークの略で、大容量のデジタルコンテンツをインターネット上で大量配信するためのネットワークのことです。

ライムライト・ネットワークスの製品戦略は、大きく4つの分野に分類されます。

  • オンライン動画
  • デジタルコンテンツ
  • クラウドセキュリティ
  • エッジクラウド

ライムライト・ネットワーク (LLNW)のウェブサイト

 

事業展開している地域

南北アメリカ、欧州/中東/アフリカ、アジア/太平洋地域で展開しており、2018年12月時点で世界約50か国に進出し、649社の顧客がいます。

 

気になるニュース記事など

Limelight Networks, Inc.が経験豊富なエグゼクティブであるBob Lyonsを新CEOに選任

5Gの「高速大容量」「超低遅延」を最大限に生かすライムライト・ネットワークスの「Limelight EdgeFunctions(エッジファンクション)」

 

株価の動きについて

現時点の株価について

以下、yahooファイナンスのチャート。

 

20/7月に過去最高値を更新後下落

2020年第2四半期決算の発表後に過去最高値(8.19ドル)まで上昇したが、その後下落。

20/1/23時点では、約40%下落した4.55ドルで取引されています。

 

ライムライト・ネットワーク の財務状況

yahooファイナンス-ライムライト・ネットワーク (LLNW)

16年12月の利益大幅マイナスとは?

特許訴訟により5,100万ドルの損害賠償を支払い(2016年第2四半期の収益に反映)

 

最後に

今後も自分用として、自分の買った「米国株」の情報はまとめていきたいと思います。

投資に有効な情報は、まだ投資初心者なので書けませんが、見ていただくのは自由です。

ただ、情報の活用は自己責任でお願いします。

ではまた。

コメント