【auでんき解約】au携帯電話を解約するとauでんきにメリット無し。人気のLooopでんきと契約!

2020年9月20日

auスマホ解約することでauユーザでなくなってしまう私。

そこで問題になるのがauでんきである。

 

今回は、その問題になるauでんきの理由から解約。また、新に契約する電力会社「LOOOPでんき」のことを書いていきたいと思います。

では、auでんきの解約理由から...。

 

スポンサーリンク

 



auでんきは、auスマホ・au光などのサービスとセットで契約しないとメリットがない!

私はちょうど2年前、

わが地域がコミュファ光エリアになったのをキッカケにMNPでソフトバンクからauに乗り換え。

その時、ちょうど電気自由化もはじまった頃でついでにauでんきとも契約。

 

しかし今後、auとの契約を解約することでauでんきの契約も維持できなくなる。

というか、メリットがなくなるので解約することにした方がイイのだ。

 

解約をしなかった場合どうなるのか?と疑問に思いauでんきのサポートに電話をしてみると、以下のような回答であった。

■回答

新規契約の場合はサービスを契約しないと契約出来ないが、契約されている方は解約後も継続するが可能です。
しかし、auでんきはauスマホなどとセットでご契約いただくことでポイントが還元され、おトクになるサービスです。
そのため、単体で継続して契約していてもメリットがありません。
auでんきに関するお問い合わせはこちら!

上記のことから、auでんきを解約して新しい新電力会社Looopでんきと契約することに。

 

新たに選んだ電力会社は o(オー)が3つのLooopでんき!

新たに私が選んだ電力会社はLooopでんき

はじめは”Loop”と思っていたが、o(オー)が一つ多い”Looop”だった。

 

ではさっそく、選んだポイントなどを書いて行きたいと思います。

 

選んだポイントは、以下7点です。

  • 基本料金0円
  • 料金プランがシンプル
  • 解約金が0円
  • 契約期間の縛りがない
  • 違約金がかからない
  • ブレーカーの落ちる心配がない
  • アプリで使用料を把握できる

 

「基本料金が0円」で「料金プランがシンプル」なのでわかりやすい!

例を出して説明した方がわかりやすいと思いますので、私の街の電力会社(中部電力)を我が家の契約内容で説明したいと思います。

 

我が家の契約内容

  • 従量電灯B
  • 契約電流 60A

その契約の場合、料金単価は以下の様になります。

区分単位料金単価
(円/税込)
基本料金契約電流 60Aひと月につき1,684.80
電力量料金最初の120kWhまで1kWhにつき20.68
120kWhをこえ300kWhまで1kWhにつき25.08
300kWhをこえる1kWhにつき27.97

基本料金+使用量により計算をされる感じです。

使用量により単価が異なるので、とってもわかりにくい!

 

では、Looopでんきを見てみたいと思います。

 

Looopでんきは、はじめに書いた通り基本料金が0円。使用した電力量に応じて一律の単価で計算した金額を支払う料金体系です。

 

よく見るとわかるのですが単価は一律になった分、使用量の少ない家庭では値上がりする可能性もあります。

使用量が300kWhを超えない家庭では、単価が高くなってしまうことも...。

 

先ほどの中部電力の場合、最初の120kWhまでは20.68円。120kWhをこえ300kWhまでは25.08円。300kWh以上は27.97円

この単価をふまえてLooopでんきの料金体系を見てみましょう。

 

おうちプランの料金表

エリア基本料金従量料金
北海道電力0円29円(税込) / kWh
東北電力0円26円(税込) / kWh
東京電力0円26円(税込) / kWh
中部電力0円26円(税込) / kWh
北陸電力0円21円(税込) / kWh
関西電力0円22円(税込) / kWh
中国電力0円24円(税込) / kWh
四国電力0円24円(税込) / kWh
九州電力0円23円(税込) / kWh

300kWhまでの使用量では単価が高くなるのがわかると思います。

 

しかし我が家のような契約アンペア数が高く、電力使用量が多い家庭の場合、大幅に電気代を節約することができる。

それは、基本料金が0円であることと、300kWh以上使用時の単価差が大きい。

言葉でダラダラ書いてもわかりにくいと思いますので、シミュレーション結果を見てもらいたいと思います。

 

ちなみに、我が家の先月(7月)の電気使用量をベースにシミュレーションした結果は以下のような感じである。

いままでの
電気代の内訳
Looopでんき
電気代の
内訳
値段差
1月26,749円24,596円(946kWh)▲2,153円
2月23,784円21,840円(840kWh)▲1,944円
3月22,777円20,904円(804kWh)▲1,873円
4月18,694円17,108円(658kWh)▲1,586円
5月17,631円16,120円(620kWh)▲1,511円
6月17,687円16,172円(622kWh)▲1,515円
7月23,393円21,476円(826kWh)▲1,917円
8月24,735円22,724円(874kWh)▲2,011円
9月18,218円16,666円(641kWh)▲1,552円
10月17,882円16,354円(629kWh)▲1,528円
11月18,833円17,238円(663kWh)▲1,595円
12月25,686円23,608円(908kWh)▲2,078円

どの月も1,500円以上は電気代が安くなり、年間にすると21,263円の電気代節約になる

これまでのauでんきでは、ひと月にauWALLETポイントが700円分ほど還元されていたので、これまでの2倍以上

 

Looopでんきは「解約金が0円」「契約期間の縛りがない」!

私がauでんきと契約した当初。

その頃は解約金がかかったり、契約期間の縛りを設けている電力会社も多かった。

auでんきも同様である。

 

しかし、

少し前にauショップの店員へ”契約した時に縛りがあったけど契約解除してもお金はかからないですよね?”と聞いてみると、驚きの回答が...。

 

えっ?元々縛りなんてないですよ!

だって...。

 

いや、昔はありましたよ!

ネットにもたくさん検索すれば出て来ますし...。

 

イヤ、無いですよ!と、こんな感じの会話。

もう、今のショップ店員さんは縛りがあった事すら知らない様子でしたね。

 

ということで、これからauでんきを解約しようと考えている方。

auも解約金・契約期間の縛りを無くしているみたいなのでご心配なく!

 

Looopでんきは電流(アンペア)の契約が無いのでブレーカーが落ちる心配がない!

先ほども書いた通り、基本料金も無ければ電流(アンペア)の契約も無い。

あくまで、電気使用料を一定の単価で計算ができる単純な契約形態である。

 

そのため、アンペア数をオーバーしたことでブレーカーが落ちるなんて心配も一切なくなる。

これからは、

エアコンを3台稼働して、電子レンジ使って、ドライヤーを使うと落ちるから...なんて計算しながら生活する必要もなくなる。

ストレスフリーの生活、万歳!

ただし、アンペアブレーカーの撤去工事(制限解除)は必要となります。

希望される方は、Looopでんきお客様窓口(0120-707-454)に電話して、ブレーカーが落ちない様にしてもらいましょう!

 

電気代はアプリをダウンロードすれば、使用量を把握することができる!

料金明細などは基本、アプリなどで確認することになる。

ちなみにアプリは”Looop”と検索すれば、iPhoneでもandroidでも見つかる。

   

日当たりの電気使用量、月間使用量・電気代が一通り確認できる。

これまでのauでんきでもアプリで確認などをしていたので、とくに困ることはない。

逆に、一日の中でどの時間帯に多く電気を利用しているのかを知る事が出来、とっても便利である。

 

興味のある方は、料金シミュレーションしてみてはいかがですか↓

節約

Posted by 週末ぱぱ