【体験談】初心者が「つみたてNISA」で積み立てして得た利益




投資初心者の「週末ぱぱ」です。

アラフィフ間近なので、リスクの高い投資で失敗する時間も無く、デイトレードのように神経をすり減らす体力も時間もありません。

理想は「ほったらかしでマイナスにならず増える投資」です。

 

今回は、以下のような検索をしている方の参考になればと思います。

  • 初心者におすすめの投資は?
  • サラリーマンにおすすめの投資は?
  • 主婦におすすめの投資は?

 



一ヶ月で利益はどれくらい出るか

私は、4ヶ月前から3つの投資をはじめています。まずは、ざっくり勝率を書きたいと思います。

  • 国内株式・・・勝率9割
  • つみたてNISA・・・勝率10割
  • 米国株式・・・勝率10割

まだ投資経験4ヶ月目なので失敗経験は少ないですが、国内株式で勝つことの難しさは実感しています。

そんな初心者の私から一言。

資産を確実に増やしたいなら、国内株式→米国株→つみたてNISAです。

 

初心者向きの投資

つみたてNISAは、損益増減の波が少なく、長期間の投資により利益が得やすくなる商品です。

さらに言えば、自分が運用せずプロが運用するので、他の商品(FX、株取引など)と違い知識や経験もまったく必要ありません。

実際に、数百円で投資している初心者の私でも、簡単に結果を出すことが出来ています。

ファンド保有数量平均取得価額(円)基準価額(円)時価評価額(円)評価損益(円・率)
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド624口16,025.6416,8691,052+53+5.3 %
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス1,268 口11,845.4312,3101,560+58+3.86 %
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)2,364 口13,176.8213,6133,218+103+3.30 %

毎月約6,000円の積み立てを1ヶ月した結果は以下の通りです。

  • 積立金のトータル金額:5,616円
  • 損益:214円

ほったらかしにしただけで、103.81%に資産が増えました。

私の場合、お金がないため数百円の積立ですが、毎月の限度額(約33,000円)で積み立てすれば、一ヶ月で1,200円つくことになります。

放置で1,000円増えるなら、個人的にはけっこう嬉しいです。

 

つみたてNISAはストレスなし

ほったらかしで投資できる「つみたてNISA」のもう一つの良い点は、下落時にドキドキしなくて済むことです。

他の投資(株やFX)だと価格下落時は「マイナスだ~!」と考えてしまい、仕事が手につかなくなったりして精神的にも良くありませんが、つみたてNISAは「価格が下落したときがチャンス」なので、常に精神的に良い投資が出来ます。

下落時は「お得」に積み立てれる

つみたてNISAは、基準価額の下落時ほど多くの口数を購入でき、平均買付価格を下げられるというメリットがあります。

  • 基準価格が高い時は少ない口数を購入
  • 基準価格が低い時はたくさんの口数を購入

下落時に安くたくさんの口数を購入していれば、基準価格が上昇したときは以下の計算により大きなリターンとなります。

購入口数×1口あたりの基準価格

つみたてNISAは、下落時は「ピンチ!」ではなく大きく利益を出す「チャンス!」です。

株とかFXのように「損切り」なんて考えず、ひたすら投資し続けることが、つみたてNISAでの成功の秘訣だと思います。

 

つみたてNISAのファンドの選び方

では最後に、私が購入している「つみたてNISA」の商品を選んだポイントを少し書いて終わりたいと思います。

私の購入しているのは、以下の3つです。

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

選ぶ時に判断したポイントは、以下のような箇所です。

  • 国内、米国、新興国という感じで地域を分散
  • 値上がり率ランキングが上位
  • 買い付けランキングが上位
  • 運用会社が嫌いじゃない
  • 運用会社を知っている

株とかと同じように「目論見書」や「運用実績」なんて見てもわからないので、みんなが買っている人気ファンドを選んだ感じです。

そんな選び方をしてもプラスになっていますので、初心者にも「つみたてNISA」はピッタリですよ。

ではまた。