スポンサーリンク
スポンサーリンク

新たに「楽天レバレッジNASDAQ-100(愛称:レバナス)」で投資!

投資信託投資信託

レバ茄子?レバニラの親戚かと思いきや、投資の商品でした。

そんな最近 話題となっている楽天投信投資顧問の愛称「レバナス」、正式名称「楽天レバレッジNASDAQ-100」について、新しく投資をはじめたので書きたいと思います。

スポンサーリンク

レバナス(※楽天)とは?

レバナスとは「NASDAQ指数のレバレッジ型(レバレッジNASDAQ-100)」を意味する略称(※レバNAS)です。

NASDAQ指数は1985年1月31日より算出を開始しており、NASDAQ(ナスダック)市場は、人々の生活に浸透した製品・サービスを提供する企業から、ITやバイオテクノロジーなどの最先端技術を有する企業まで、多種多様な企業で構成されています。

現在、上場銘柄は3,000銘柄以上あり、今回紹介する「楽天レバレッジNASDAQ-100」は、その3,000銘柄以上の中から金融関連銘柄を除く上位100社が対象です。

アメリカ巨大企業6社のGAFAM+Tも含まれています。

GAFAMとは

  • Google(グーグル)
  • Apple(アップル)
  • Facebook(フェイスブック)
  • Amazon(アマゾン)
  • Microsoft(マイクロソフト)

+Tとは

  • Tesla(テスラ)

レバナスは、名前にある「レバ」の通り「レバレッジ(leverage)」を利かせた商品で、日々の基準価額の値動きがNASDAQ-100指数の値動きに対して、おおよそ2倍程度となることを目指した「ブル型ファンド」です。

レバナスは「つみたてNISA」で投資できる銘柄基準を満たしていないため、つみたてNISAでの投資はできません。

銀行利息を1ヶ月で超えた「つみたてNISA」は利用しないと損!
投資初心者で元金が少ない人にピッタリな「つみたてNISA(※少額投資非課税制度)」。そんな「つみたてNISA」での投資をはじめてそろそろ1年が過ぎました。最初は100円から投資をはじめた私の体験談などと一緒に「つみたてNISA」を紹介します

ブル型、ベア型ファンドとは

ブル型ファンド(ベア型ファンド)について少し特徴を補足します。

ブル型ファンド(ベア型ファンド)とは、レバレッジ(てこの原理)を効かせて、投資資金の何倍もの投資効果を目指す投資信託です。

ブル型ファンドとは

ブル型の名前の由来は「雄牛」が角を下から上に突き上げる姿に由来し、上昇相場で市場の上昇時より高いリターンの獲得を期待できるファンド

ベア型ファンドとは

ベア型の名前の由来は「熊」が爪を上から下に振り下ろして攻撃する姿に由来し、下落相場で市場の下降時より高いリターンの獲得を期待できるファンド

双方、逆の相場に動く局面では値動きが大きくなる分、指数の下落幅を上回る損失の生じる可能性があります。

また、ブル型・ベア型ファンドは上昇と下落を繰り返す、いわゆる「ボックス圏」の相場でも「負の複利効果」が働いてしまい、基準価額が日々少しずつ下落するという特徴があります。

レバナスの投資信託は2つ

そんなレバナスへ投資できる投資信託、現時点では2つあります。

ひとつは、大和アセットマネジメントの「iFreeレバレッジ NASDAQ100」、もうひとつは、楽天投信投資顧問が2021年11月17日にリリースした「楽天レバレッジNASDAQ-100」という投資信託です。

それぞれの現時点の基準価格、純資産額、管理費用は以下です。

ファンド・愛称基準価額管理費用純資産買付ランキング
iFreeレバレッジ NASDAQ10042,484円0.99%2039.215位
楽天レバレッジNASDAQ-100(※レバナス)10,140円0.77%207.596位

では、初の「レバレッジ型投資信託」へ投資を決めた理由などについて紹介します。

スポンサーリンク

楽天レバナスへ投資を決めた理由

とりあえず、今回投資を考えているファンドは「楽天レバレッジNASDAQ-100」なので、なぜ、大和アセットマネジメントではなく楽天投信投資顧問にしたのか?について書いていきます。

楽天レバナスは基準価格が安い

どちらのファンド(※「iFreeレバレッジ」も「楽天レバレッジ」)も運用実績のある運用会社なので、今後の値動きは同じように上下すると思います。

いつもなら、大和アセットマネジメントの「iFreeレバレッジ NASDAQ100」、楽天投信投資顧問の「楽天レバレッジNASDAQ-100」のように複数のファンドがある場合、どちらのファンドへ投資をするか?を選ぶ時、人気と純資産額で選んでいますが、今回は基準価格の安い楽天投信投資顧問で投資することにしました。

その理由は、現時点、同じ金額を使ったときに多くの口数を「楽天レバレッジNASDAQ-100」の方が購入でき、将来的には基準価格も同じくらいになるだろう!という予想からです。

すでに、大和アセットマネジメントの「iFreeレバレッジ NASDAQ100」を購入して保有しているなら売ってまで「楽天レバレッジNASDAQ-100」に買い替える気はありませんが、新たに購入するなら「楽天レバレッジNASDAQ-100」の方が利益が出やすいと判断した結果です。

楽天レバナスは信託報酬が安い

そしてもう一つの理由が「信託報酬」です。

今後、楽天投信投資顧問「楽天レバレッジNASDAQ-100」の信託報酬に、大和アセットマネジメントの「iFreeレバレッジ NASDAQ100」が信託報酬を合わせてくる(※引き下げてくる)可能性はありますが、信託報酬の0.22%差は大きい!

仮に100万円を運用した場合、年間で2,200円の差が出る計算になります。

スポンサーリンク

楽天レバナスへの投資実績

とりあえず、徐々に口数を増やしていくとして、まずは余っていた楽天ポイント約1,000ポイントで購入!

約定日数量単価
2022/01/061,081 口9,248.00円

ちょうど約定したタイミングで基準価格が下がり、予定より多くの口数が購入出来ました。

スポンサーリンク

レバナスへの投資(まとめ)

とりあえず投資資金については、現時点、毎月「AB米国成長株投信D」の分配金を約1,600円受取れる様になっているので、その分配金を利用して毎月1回購入予定。

あとは、これまで「AB米国成長株投信D」を毎月獲得した楽天ポイントで追加購入していましたが、今後は「楽天レバレッジNASDAQ-100」へスポット購入する様に変更です。

まだ購入したばかりで成果は出ていませんので、数ヶ月後に運用実績をブログで記事にしたいと思います。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました