楽天モバイル UN-LIMIT の開通手続きで有効期限切れを延長する方法!

2020年10月16日

今回は、以下のような疑問のある人向けに書いていきたいと思います。

  • 楽天モバイルの開通手続きの期限が知りたい
  • 開通手続きの有効期限が過ぎた時の手続きは?
  • 開通手続きの期限が過ぎた時のポイント還元は?

 

現在、楽天モバイルのUN-LIMITへ移行するとキャンペーンで1年間の基本料金が無料になる。

そこでさっそくオンラインから申し込みをしたが、このままMNPの有効期限内に開通手続きを行うと無料期間が短くなってしまう。

 

なんとか無料期間を最大限に活用できる方法はないか?と考え、開通手続きを延ばす方法を模索。その結果は、無事に開通手続きを延ばす方法が見つかりました。

 

そこで、失敗だった点の説明などとと一緒に、以下のようなところを解説していきたいと思います。

  1. 楽天モバイルの開通手続きの有効期限について
  2. 開通手続きの有効期限が切れた時の方法・手順
  3. 開通手続きの有効期限が切れてもポイント還元は有効

 



開通手続き期限を延ばしたい理由

そもそも「なぜ無料期間が短くなってしまうのか?」という所をはじめに書くと、現プラン(※スーパーホーダイ プランS)が日割り計算されないことからです。

 

現プラン(※スーパーホーダイ プランS)が日割り計算がされるなら「UN-LIMIT」の無料期間もムダにならないが、現プラン(※スーパーホーダイ プランS)は日割り計算されないため、現プランの料金を支払っている期間が「UN-LIMIT」の無料期間と重なり、無料期間が無駄になってしまう。

それを回避するために、月末まで開通手続き期限を延長したいと考えました。

 

楽天モバイルの開通手続きについて

開通手続きの有効期間は何日か

開通手続きの有効期限については、MNP予約番号の有効期限の15日間のことです。

店頭でプランの移行手続きを行う場合、事前にMNP予約番号を取得し、その後に変更(移行)手続きを行う必要があります。

 

しかし、

オンラインにより申し込みを行った場合、申し込みの中で勝手にMNP予約番号が発行されている状態になります。

私の例でいうと、10/4日にオンラインから申し込みを行ったため、MNP予約番号(開通手続き)の有効期限は申し込み+15日後の10/19日になっています。

MNP(他社からの電話番号乗り換え)でご購入時の注意事項

 

有効期限が過ぎてもMNP予約番号の再発行は可能!

ここで気になるところが「オンライン申し込みした場合でも、MNP予約番号の再発行が可能なのか?」という点。

そこで「お客様サポート」に確認したところ「可能!」との回答がありました。

 

端末を同時購入したが端末が届かないため開通手続きが出来ない!なんてこともあるため、MNP予約番号の有効期限が過ぎた人でも再度発行して問題なく手続きができるようになっているとのことでした。

 

開通手続きを延ばした時のデメリット

ただ本当に「開通手続きを延ばすことによるデメリットはないのか?」という点は気になる。

そこで、

心配だったのでお客様サポートについでに聞いてみると、以下のようなデメリット(注意点)がありました。

  • 端末の初期不良だけは事前に確認する
  • MNP予約番号を再発行する手間が増える

端末を同時に購入している場合は注意が必要。

端末の初期不良の保証期間は、受け取り後14日間らしい。

そのため、開通手続きを遅らせたとしても旧SIMなどを使って端末の初期不良確認だけは済ませてください!とのことです。

 

開通手続きの期限切れ時の手続き方法

では、MNP予約番号の有効期限が過ぎた場合の手続き方法について説明します。

①MNP予約番号の再発行

楽天モバイル(楽天回線)へ乗り換え時にMNP予約番号が有効期限切れになってしまった場合、開通手続きをそのまま行うと「予約番号の有効期限切れ」のメッセージが表示されるようになり、再取得をするまで進めなくなります。

そのためMNP予約番号の再発行を行います。

楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)から楽天回線(Rakuten UN-LIMIT)へ移行する方

  • メンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認画面」の「MNP転出予約番号の再発行する」より再発行申請をすると、予約番号が再度表示されます。※予約番号の有効期限の確認もここで行います。

他社から楽天回線(Rakuten UN-LIMIT)へ乗り換えする方

  • 他社から乗り換え(MNP)」ページの「MNP予約申し込み連絡先」から、現在利用会社を選択すると取得方法が表示されます。

楽天モバイル(楽天回線)へ乗り換え時に、MNP予約番号が有効期限切れになってしまった場合

 

②開通手続き

MNP予約番号の再発行が完了したら、開通手続きを行います。

通常のMNP開通手続き方法は、My楽天モバイルの「お申し込み履歴」から「MNP転入する」をタップするだけですが、MNP予約番号の有効期限切れによりMNP予約番号を再発行した場合は「MNP予約番号・有効期限を更新する!」という追加の手順を行う必要があります。

詳しくは、以下の「お客様サポート」ページを参照ください。

MNP検証失敗後、有効なMNP予約番号を再取得したのでその後の手続き方法を知りたい

 

開通手続きの期限切れになってもポイント還元は問題ない

手続きが出来るか?という点についてはクリアになったとしても、もう一点気になることが...ポイント還元のこと!

楽天モバイルキャンペーン

まず、結論からいえば問題ありません。

 

その理由は、ポイント還元の条件が「Rakuten UN-LIMIT」お申し込みの翌月末日23:59まで「Rakuten UN-LIMIT」をお申し込みした回線で「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話、メッセージ送信をそれぞれ1回以上利用となっているからです。

私は現時点まだ開通できていませんのでポイント獲得時期は遅くなりますが、今月中に開通手続き+Rakuten Linkの利用を済ませれば、問題なく26,300ポイントをゲットすることができます。

 

というわけで、月末での「楽天モバイル開通」はなんとか出来そうです。

まだ新スマホ「OPPO A5 2020」のスマホケース、ガラスフィルムを購入していないので、それらを購入しながら待ちたいと思います。

それでは、また。