楽天モバイルアンリミットへスーパーホーダイから移行はお得!

2020年10月25日

最近話題の楽天モバイル アンリミット(UN-LIMIT)へプラン移行しました。

 

いまのスマホを使いはじめて2年以上、

最近では

  • プランの割引期間が終了し、料金が高くなった
  • 端末の調子が悪くなってきた
  • 新型コロナによる収入減で、お金にゆとりがない

といった悩みが...。

しかし、そんな悩みがすべて楽天モバイルアンリミットへプラン移行したら解決!

さらに言えば、

やたらと多い「ポイント還元」により、逆に儲かる?というよくわからない状況に。

 

そんな楽天モバイルアンリミットのお得ポイント~申し込み方法まで、まとめながら書いていきたいと思います。

  • スーパーホーダイからのプラン移行がお得だった
  • 各種キャンペーンのポイント還元がお得だった
  • さらにお得にプラン移行する方法があった
  • オンラインでの申し込み方法とお得なタイミング

 



お得①:スーパーホーダイから移行

もし現在、楽天モバイルの「スーパーホーダイ プランS」で契約しているならアンリミット(UN-LIMIT)へのプラン移行は絶対お得です。

 

その理由は、

月々の支払金額が2,980円と同額にも関わらず、

  • 国内(固定・携帯)への通話がRakuten Linkアプリ利用でかけ放題
  • データ容量が5GBに増え、使い切っても1Mbpsで使い放題
  • SMSがRakuten Linkアプリ利用で使い放題

といった感じで、内容が全体的にレベルアップすることです。

 

ただしまったくマイナス面がない!というわけではありません。

  • 楽天メール(@rakuten.jp)がない
  • データ容量の翌月繰り越しがない

アンリミットでは、楽天メール(@rakuten.jp)がないため、これまで利用していた方は注意が必要です。

しかし、

データ容量の繰り越しについては、アンリミットはパートナー回線エリアでも5GBまで増量されるので、スーパーホーダイ プランSの引継ぎ時MAX4GBより多くなる。

結果、スーパーホーダイ プランSで契約している人はマイナスになる点がほぼゼロなので、プラン変更しない選択はないと思います。

 

お得②:今はキャンペーンが多い

次にお得なポイントが、今は楽天モバイルが契約者を増やしたい時期なのでキャンペーンが充実している点です。

プラン料金が開通日から1年間無料

まず一番大きいのが、プラン料金が開通から1年間無料になることです。

2,980円×12ヶ月=35,760円+消費税が浮いてきます。

 

そして、アンリミットへの移行は新規契約だけでなくプラン変更でも対象となります。

■無料になる条件

対象者:以下の条件に該当する楽天会員の方

  • 新規お申し込み
  • 他社から乗り換え(MNP)でお申し込み
  • 楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行

その他の条件

  • お申し込みが300万名に達した時点で本特典は終了
  • 特典は1人1度のみ。最初に申し込みした1回線目が対象

 

機種代金が最大2万円還元

二つ目のお得ポイントは、端末同時購入のキャンペーンです。

ほぼ全額ポイント還元される端末も!

今回私が購入した端末「OPPO A5 2020」。

端末価格が20,019円ですが、20,000円分のポイントが還元されるため実質19円で購入できます。

かなりお得!

 

ただ「OPPO A5 2020」は最近、コンパスの不具合があります。

私は、OPPO Jyapanが不具合解消のため動きはじめたので、安さに負けて「OPPO A5 2020」を購入しましたが、気になる方はご注意を。

 

分割手数料がかからない!

さらに機種代金のことで言うと、普通なら端末代金を分割すれば手数料がかかります。しかし一括購入しても24回分割しても48回分割しても分割手数料がかからない。同じ値段で購入することができます。

 

個人的には「12回払い」ってのがあると嬉しいのですが...ないので「24回」払いにしました。

 

セール中の申し込みでポイント10倍

楽天セール中に楽天モバイルアンリミットへ申し込みするとポイント10倍ってキャンペーンもあります。

楽天モバイルアンリミット(UN-LIMIT)の楽天セール連動企画「ポイント10倍」

私はこのキャンペーンを見落としていたので、キャンペーン申し込み前にアンリミットへ申し込みをしてしまいました。

毎回、楽天市場のセールで10店舗(10倍)購入している私としては、20倍になるチャンスを逃したのは、かなりショックです。

 

お得③:タイミングが重要

キャンペーンだけではなく、開通するタイミングも考えればさらにお得になります。

開通手続きは月末がもっとも得!

私のように「スーパーホーダイ プランS」から「Rakuten UN-LIMIT V」へのプラン移行をする方、なるべくお得にプラン移行をしたいなら月末に行うのが一番です。

これは「Rakuten UN-LIMIT V」と「スーパーホーダイ プランS」の日割りの考え方に理由があります。

■アンリミットは日割り計算される

まずは今回契約した「Rakuten UN-LIMIT V」。

こちらは、キャンペーン「プラン料金1年間無料キャンペーン」の内容が、開通日を起点に12カ月後マイナス1日まで無料という内容で日割り計算されるため、いつ開通手続きをしても変わりません。

無料期間の例

  • 2020年4月8日に開通した場合、2021年4月7日まで無料
  • 2021年4月8日以降が日割り計算

開通日の考え方は以下に記載があるので、詳しく知りたい方は▼

楽天モバイル-プラン料金1年間無料キャンペーンの適用日はいつからですか?

 

お得さに違いがでるのは、現在契約中のスーパーホーダイ プランS側のことです。

 

■スーパーホーダイ プランSは日割り計算されない

問題は、現在契約中の「スーパーホーダイ プランS」です。「Rakuten UN-LIMIT V」と同様に「スーパーホーダイ プランS」も日割り計算されるのだろう!と思っていたのですが違っていました。

 

サポートへ確認しても以下のような回答です。

サポートの回答

スーパーホーダイ プランS は日割り計算がされないので、一ヶ月分の基本料金、通話料など、すべて請求されます。

上記の回答をもとに、2020年4月8日に開通した場合を整理すると、

アンリミット

  • 2020年4月8日~2021年4月7日までが無料期間
  • 2021年4月8日以降は日割り計算

スーパーホーダイ プランS

  • 2020年4月分は一ヶ月分請求される

 

「スーパーホーダイ プランS」は日割り計算されないため、月初で移行すると「スーパーホーダイ プランS」の料金を支払っている期間がアンリミットの無料期間(※上記例、2020年4月分)と重なり、1年無料ではなく11ヶ月無料の状態になり一ヶ月分損をします。

 

MNP、プラン移行をする人は、重複して契約する期間が発生するのはしょうがありませんが、その重複期間をなるべく少なくする(※月末近くでプランを移行する)ようにすればするほどお得になります。

▼▼▼私の失敗談


ただ、最終日ギリギリで手続きして間に合わなかったりすれば、さらに一ヶ月待つことになるため、余裕は持って契約したほうがよいでしょう。

 

お得④:オンラインから申し込み

最後のお得なプラン移行方法は「オンラインによる申し込み」です。現在、店頭での申し込みと比べると、ポイント還元に4,600円分の差が出ます。

店頭とオンラインのポイント還元比較

ショップ(店頭)オンライン申し込み
オンライン申し込みのポイントプレゼント3,000ポイント還元
事務手数料のポイント還元3,300ポイント還元3,300ポイント還元
ダイヤモンド会員特別ボーナス(10月)1,600ポイント還元

オンラインからの申し込みについては、のちほど紹介したいと思います。

 

回線速度、解約時の縛りは?

では、お得になる点ばかりでなく気になる所についても書いておきます。

 

いくら料金が安くなっても、回線速度が遅くなったり解約時の縛りが発生するならプラン変更はしたくない!と思っているので、そのあたりを店頭で確認してみました。

結果、問題なさそう(※私の地域では)。

 

回線速度は現契約より速くなるらしい

まず、今の「スーパーホーダイ プランS」ですが私の感想は、回線スピードがイラっとするくらい遅い!※使えないレベル

そのため、回線が混雑する昼休憩中にネットサーフィンなんてしようものならページが全く開かない...もし現時点より遅くなるようであれば、イラっとでは済まされない!

 

そんなこともあり店頭で回線速度のことを聞いてみると、店員が試しており、体感情報がもらえた。

店員さんの検証結果

店舗内で楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)のスマホと、アンリミットのスマホで回線速度を比べてみた結果、楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の回線速度が4Mbpsだったのに対し、アンリミットは20Mbpsの速度が出た。

場所にも差もあるため、あくまで参考レベルで考えて欲しいですが...。

実際には繋いで自分で確認しないとわからないが、これまでのドコモ回線より早くなるとのことでした。

 

契約解除料についても0円!

もちろん、契約解除料についても問題なし。解約料(解約金・違約金)などは一切かかりません。

 

過去「縛り」があった時は、機種変更するにしても、何をするにしても縛りが邪魔になり、かなり鬱陶しい思いをしていた。

さすがに、せっかく縛りの無い契約に変えたのだから、また苦労するのは避けたい。

 

そのあたりについても、解約時に解約金・違約金などは一切かかりませんので問題ありません。

ただ、分割で購入している端末代などがあれば残るので、機種を分割購入するときは注意してくださいね。

 

オンラインからの申し込み方法

では最後に、オンラインからの申し込みの方法について解説し終わりにしたいと思います。

①オンライン申し込み画面にアクセス

オンライン申し込みは、楽天モバイル公式ページから行います。

楽天モバイル公式ページ▼▼▼

 

ダイヤモンド会員の方は、公式ページの画面上部にある「サイト内検索」にて「ダイヤモンド会員」と入力し検索すると、ダイヤモンド会員限定のキャンペーンがあれば表示されます。ダイヤモンド会員の方はエントリーしましょう。

楽天モバイルのダイヤモンド会員限定のキャンペーン

エントリーが済んだら「申し込む」を選択します。

 

②該当する申し込みを選択

次に、申し込み内容の選択画面が表示されます。今回の私は「PC版サイト」で行っておりますがスマホ版も同様です。

オンライン申し込みに進む

私は「楽天モバイル(ドコモ・au回線)から移行」になるので「メンバーズステーションに進む」を選択。

 

③メンバーステーションへのログイン

私は2回線契約されている(子供分)ため、表示されたのかもしれませんが、回線を選択する画面が表示されます。

移行対象の回線を選択してください。

 

④楽天回線への移行

現在の料金プラン、移行後の料金プラン、オプション、注意事項、規約などが表示されます。

一番下の同意にチェックを入れて申し込みに進みます。

各種同意内容

  • 楽天回線対応製品の購入・準備について
  • お持ちの製品が楽天回線対応製品か
  • 注意事項について
  • 重要事項説明・利用規約
  • 帯域制御のための通信に関する情報の取得、利用

私は新しいスマホも同時購入だったので、同意チェック後に「お申し込み/製品購入画面に進む」を選択しました。

該当する申し込み内容にて次に進みます。

 

⑤製品の選択

商品同時購入の方は、商品選択画面で欲しい端末を選択します。

製品を選択すると画面上に「申し込み内容」が表示されており、自動計算されます。

私は一番お得な「OPPOA5 2020」を選択。

楽天モバイル-OPPO A5 2020 スペック詳細

  • 一括払い:20,019円
  • 24回払い:834円
  • 48回払い:417円

月額料金0円

 

⑥製品保証、アクセサリー

続いて、製品保証、アクセサリーの選択になります。

 

私は、安い端末「OPPO A5 2020」なので、スマホ交換保障プラスは付けるまでもない!と思ったので外しました。

ただ、スマホ交換保障プラスは申し込み時しか加入できないのでご注意を。

 

またここでアクセサリーも購入できます。

私は、保護フィルム、ケースなどについては楽天市場で購入済みだったため、購入しませんでした。

ちなみに購入できるものは、以下のようなものです。

  • ケース
  • 保護フィルム
  • IoT・スマートデバイス
  • USBケーブル
  • AC充電器
  • モバイルバッテリー
  • イヤホン
  • SDカード
  • Bluetoothオーディオ
  • 海外SIM
  • プリペイドSIM

選択が済んだら「この内容で申し込む」で次に進みます。

 

⑦申し込み内容の確認

申し込み内容の確認画面が表示されるため、確認をして問題がなければ再度「この内容で申し込む」を選択します。

確認画面では赤〇のところ(※月額プラン料金1年分無料)に「-2,980円」が表示されています。

月額プラン料金一年間無料が-2,980円で表示されました

完了すると「お申し込みありがとうございます」の画面が表示されて終了です。

 

まとめ

最終的に、直近1年のことを考えれば、月額プラン料金を35,760円支払うところを

  • 事務手数料:0円 ※3,300円ポイント還元
  • 月額プラン料金:0円 ※キャンペーン
  • 機種代金:-19円 ※20,000のポイント還元
  • その他:+3,000円 ※オンライン申し込み
  • その他:+1,600円 ※ダイヤモンド会員

で、プラン料金を払わなくてよくなるだけではなく、4,600円の儲けが出ることに...。

さらに言えば、子供のスマホも移行予定なので、倍の1万円のプラスです。

☆・゚:*(人´ω`*)ぅ。れ。し。ぃ。

2年目以降も現在の状態に戻るだけと考えれば、かなりお得だと思います。

 

キャンペーンは期間限定なので以下のように思われている方、いちど検討してみてはいかがですか?

  • プランの割引期間が終了し、料金が高くなった
  • 端末の調子が悪くなってきた
  • 新型コロナによる収入減で、お金にゆとりがない

ではまた。