【名言】節約を始めようと思っている方。無駄遣いをやめるための名言はいかが?

2020年9月20日

「あなたが欲しいと思うものを買ってはいけない。あなたが必要とするものを買うようにしなさい。」

「節約せずに誰も金持ちにはなれない。そして、節約する者で貧しい者はいない。」

 

この2つの言葉は、

ローマでクァエストル(財務官)などをつとめた大カトー

サミュエル・ジョンソンの言葉である。

 

これらの言葉を知ってからは、楽天市場のお買い物をするときも実店舗でお買い物をするときも思い出すようになり無駄遣いが減った気がする。

そんな言葉について、今回は書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


 



一時の感情に流されないで行動すると無駄がなくなり節約につながる!

何かを欲しいと思った時、必ず決めてから1日購入するのを待つようにしている。

たいていのものは、一日置くと「本当に欲しいのかな?」という思いになる。

また、昨日は気にもしなかったことに気づけたりもする。

 

一日置くお買い物。

これをはじめる様になってからは、購入の失敗がかなり減った。

 

たとえば洋服。

ネットショッピングをしていると”安い!”、”カッコイイ!”などと思い、欲しくなることも多い。

しかし、買い物かごに一度入れて一日放置してみると、たいてい前日に欲しかった気持ちが薄れている。

 

もし、一日置いても”欲しい!”という気持ちに変化がなければ、本当に欲しいのだ。

その時は、迷わず購入している。

だいたいこの考え方で購入するようになってからは気に入っているものが多く、長期に着ることが多い。

だから、安いものを買う。というよりは、ほんとうに必要で欲しいもののみを購入するようになった。

 

大カトーの言葉。

「あなたが欲しいと思うものを買ってはいけない。あなたが必要とするものを買うようにしなさい。」

これは、ケチになることではない!

無駄な物にお金を使わないように、よく考えて行動しよう!という意味であると思う。

 

節約は安いものを買うだけが節約ではない。長期的な視点で振る舞うことが大切!

またまた一例を。

 

私が使っているノートパソコンは使い始めて8年になる。

だが、いまだ現役ある。

それは当時、まだ新しかったCPU"Core i3″を搭載しているノートパソコンを選択したことにある。

値段は上がるがこのCPU搭載のパソコンを選択したことにより、一部の部品を付け替えるだけでいまだ現役を続けている。

 

興味があれば↓の記事をどうぞ!

【節約】 自宅の古くなったパソコンを約1万円で今どきパソコンにバージョンアップ!(SSD換装)

 

この様に、なにも安いものを購入するだけが節約になるわけではない。

たった1万円の部品交換をするだけで、体感性能を今どきのパソコンにすることができる。

※重い画像処理をする人は別ですが...。

これも、8年前に長い目で見た選択をしたことによる結果である。

 

パソコンはだいたい5年もすれば、不満も出て来て買い替えたくなってくるものです。

しかし、将来を見越した購入をすれば、チョット手を加えるだけで数年延命することが可能です。

 

サミュエル・ジョンソンの言葉。

「節約せずに誰も金持ちにはなれない。そして、節約する者で貧しい者はいない。」

私の考える節約とは、安いものを購入することではない。

長期的な視点でものごとを考え目先の値段にごまかされず、物の価値を正しく判断することが節約につながるのだと私は思う。

 

スポンサーリンク


 

最後に

いかがでしたか。

節約というと、安いものを購入したり、我慢したりすることと思われがち。

 

しかし、本当の節約とは「目先の無駄」と「長期的な無駄」をなくすことであると私は考えます。

値段の高いものを購入しても長い目でみる節約になることもある。

そんな賢いお買い物を今後も出来ればと思います。

 

節約

Posted by 週末ぱぱ