スポンサーリンク
クラウドバンク 口座開設プロモーション
スポンサーリンク
クラウドバンク 口座開設プロモーション

楽天証券で「つみたてNISA」投資して1年、すべての銘柄がプラス!

つみたてNISAつみたてNISA

楽天証券でホッタラカシの積立「つみたてNISA」による投資をはじめて1年が経ちました。

ほぼ確認もせずにホッタラカシにすることが多かった「つみたてNISAの投資実績」、せめて1年に1回は記録しよう!と思い記事にしました。

では、楽々投資「つみたてNISA」の1年経過した実績を紹介します。

スポンサーリンク

いま楽天証券で積立している銘柄

1年前にはじめた「つみたてNISA」の積立銘柄は、以下3つでした。

ファンド(銘柄)タイミング積立金額
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス毎営業日100円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)毎営業日100円
ニッセイ日経平均インデックスファンド毎月16日1,000円

最初は毎月6,000円から投資をはじめ、今は増額して毎月1万円の積立をしています。

銘柄も途中、日本のこの先が不安になり、海外に銘柄を変更!

そして現在ではこちらの銘柄で積立を行っています。

ファンド(銘柄)タイミング積立金額
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス毎営業日125円
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)毎営業日250円
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)毎営業日125円

では1年続けた結果の利益について紹介します。

スポンサーリンク

つみたてNISAの投資実績

毎月6,000円での積立からはじめ、途中からは毎月1万円に増額。

その結果、積立金額の総額は1年で78,626円となりました。

たいした積立額ではありませんが、1年間続けて投資してきた結果について紹介したいと思います。

1年続けた結果(利益)は?

つみたてNISAで積立して1年のトータルリターンは、約8,000円のプラスです。

損益率は、約10%です。

つみたてNISAで積立をして1年の利益

まったく無知の状態で積立をはじめたことにより、ある失敗を...

赤〇の箇所、今考えると後悔しています。

一時的に積立額が下がった赤〇箇所ですが、当初、積立していた「ニッセイ日経平均インデックスファンド」を売却したしたことによるものです。

売却した資金で他の投資をすれば良かったですが、特に使い道も無く「積立するのをヤメたから売却しよう!」と安易に考えて売却したので、つみたてNISAはせっかく20年の税制優遇期間があるのに、この制度を放棄した形になってしまいました。

少し学びました。

では、1年経った現在の個別銘柄の投資実績を紹介します。

ファンド名保有数量基準価額評価額評価損益損益率
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス19,489口13,275円25,872円+570+2.25%
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)25,862口18,720円48,414円+7,049+17.04%
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)2,573口16,869円4,340円+165+3.96%

最近までは、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスがマイナス続きでしたがプラスとなり、すべての銘柄でプラス運用中です。

トータルリターンは約8,000円のプラスです。

スポンサーリンク

つみたてNISAは期間が延長に!

いまさらですが、今回の記事を書くにあたって知ったこと。

それは、つみたてNISAは当初2037年末が口座開設の期限でしたが、現在は、2020年度法令改正(2020年度税制改正)によって5年延長されたことでした。

こんな制度変更のことを知らないなんて、どれだけ放置していたんだ!って思います。

↓1年ぶりに間違いを訂正!

最長20年の少額投資非課税制度「つみたてNISA」は利用しないと損!
投資初心者で元金が少ない人にピッタリな少額投資非課税制度「つみたてNISA」。100円から投資できると言われているが100円の積立でどれくらいの利益が出るのか?とか、つみたてNISAで投資する魅力など、私の体験談などを紹介します。

法改正のおかげで、私も20年間フルで制度を活用できる様になりました。

スポンサーリンク

楽天の積立NISA画面リニューアル

あと、つみたてNISAは利用者が多いのか、2021年11月21日から「楽天証券のつみたてNISA設定ページ」がリニューアルされるそうです。

これも、ほとんど見ていなかったので、今回気づいた事です。

新たに登場する「配分比率」ページでは、複数銘柄での積立設定を簡単に行えるようになるそうです。

楽天のつみたてNISA画面がリニューアル

操作としてできるようになることは、以下らしいです。

  • 配分比率を操作(直接入力)
  • 配分比率を操作(ドラッグ&ドロップ)
  • 配分比率での積立金額確認

将来的にはeMAXIS Slim 新興国株式インデックスeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)eMAXIS Slim 全世界株式を比率で増やしていこうと考えていたので、今回のリニューアルは私にとっては良い変更となりました。

スポンサーリンク

つみたてNISA投資1年(まとめ)

ホッタラカシにして1年で損益率は約10%のプラス。

まだまだ投資の初心者ということもあり、私の資産運用の中ではかなりプラスの投資になっています。

最近はツーバガー、テンバガー狙いの銘柄へ投資することが大きくなり、マイナス運用続き。

米国株「バイオデリバリー・サイエンス・インターナショナル(NASDAQ:BDSI)」に関する投資メモ!
右肩上がりに成長し、昨年は売上・利益共プラスだった「バイオデリバリー・サイエンス・インターナショナル(NYSE:BDSI)」について、株を購入したので自分の投資メモとして会社のことや株価のことをまとめることにしました。

そこで、手堅い投資を増やしたいと考えています↓

少額で始められる「クラウドバンク(Crowd Bank)」を新たな投資先に!
新たに見つけた実質平均利回り6.80%の資産運用先「クラウドバンク(Crowd Bank)」。最近の私は低位株へ投資することが多くなり、リスクが増えているので手堅い投資先を増やすことに。その新たな投資先「クラウドバンク」についてまとめます。

また1年放置して、「つみたてNISA」の実績は1年後に、また紹介したいと思います。

では。

タイトルとURLをコピーしました