米国株への投資をはじめて2週間。なんと昨年の損失がチャラに!

米国株 妻にバレないへそくり作り

10万円の資金ではじめた投資。

昨年は、開始早々16,400円の損失を出してしまい、雲行きの怪しいスタートでした。

【2021年の投資目標】昨年の反省と、本年の目標について

しかしそんなマイナススタートが、新年早々プラスに転じました。

ここ最近の「国内株→米国株への資産移行」による成果が出はじめたようです。

 

そこで今回、投資初心者がいきなり米国株へ投資し、たった2週間でプラスになった今の状況など書こうと思います。

 



現時点の保有米国株の勝率100%

それではさっそく、現在保有する米国株の銘柄、評価損益(※2021/1/9現在)を紹介します。

現時点で保有するのは4銘柄で、すべての株で利益が出ています。勝率100%。

米国株銘柄 現在値 平均取得価額 保有数量 評価損益(円・率)
キンダーモルガン 14.49 13.56 10 +1,035 +7.37 %
ルート 19.33 15.36 17 +7,072 +26.11 %
AT&T 29.02 28.92 8 +98 +0.40 %
エクソンモービル 45.46 41.20 3 +1,373 +10.72 %

国内株式(日本株)への投資では考えられない状況です。

あらためて、米国株投資をはじめるキッカケになった本に出会えて感謝です。

 

ちなみに上記の「お金が増える 米国株超楽ちん投資術」は、米国株だけでなく、つみたてNISAの米国投資についても少し書かれてます。

なので、つみたてNISAの米国投資実績についても紹介すると、以下のような感じです。

ファンド 保有数量 平均取得価額(円) 基準価額(円) 評価額(円) 評価損益(円・率)
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 2,364 口 13,176.82 13,613 3,218 +103 +3.31 %

毎日のコーヒー代を節約してはじめた「つみたてNISA」による米国投資、米国株と同様にプラスとなり、たったの100円ですが運用益でコーヒー1杯タダで飲めます。

はじめて「つみたてNISA」へ投資。資金は会社で飲むコーヒー代!

 

私の米国株銘柄の選び方

では、すべての米国投資にてプラスとなっている今の感想を。

米国への投資は日本への投資より簡単!

↑これです。

 

相変わらずですが、私の投資レベルは

  • 経営状況の分析は出来ない!
  • 投資資金は少額!
  • 株価のローソク足などの見方がわからない!

という初心者レベルです。

しかし、そんな知識もない私でも米国株への投資なら、お金を増やすことができます。

 

銘柄選びは売上高と利益確認のみ

では私のような素人の銘柄選び、参考にはならないと思いますが、どんなポイントを確認して銘柄を選んでいるのか紹介します。

見ている点は、売上高と当期利益の2つだけです。

 

まず売上高を確認する理由。

右肩上がりで成長する国の企業なのに売上が下がっているのであれば、なにかしら問題があるのでは?と思うからです。

それが、経済状況にしろ、経営上の問題にしろ...。

 

そして利益を確認する理由。

過去数年間の当期利益を見て、常にマイナス利益が続き、改善もしていない企業には投資をしません。

しかし、たとえ利益がマイナスであったとしても、年々マイナス幅が減っている企業であれば投資します。

 

こんな程度の分析?とは言えないレベルで投資しても失敗していないのが、アメリカの株です。

右肩上がりの米国株へ投資するのは日本株へ投資するより初心者向き!

 

IPO直後の株も買うようになった

最近は、米国株への投資にも慣れてきたので、配当を出していないような米国株にも手を出すようになりました。

 

これまでは、以下のような高配当銘柄(※配当利回りが7%以上)が中心。

しかし、いくら高配当だったとしても大きく資産を増やすことは出来ない!と思い始め、最近は以下のような上場したばかりのIPO株にも手を出すようになっています。

ルートのような米国株は、株価が2倍以上になる可能性も高い。

このような米国株の売却益と、先ほどの高配当銘柄の配当金による、ダブルの方法で資金を増やせればと考えています。

 

買いたいと思っている米国株

では最後に、今後買いたいと思っている米国株をまとめて終わりたいと思います。

  • スター・バルク・キャリアーズ(NASDAQ:SBLK)
  • ライムライト・ネットワークス(NASDAQ:LLNW)
  • シリウスXMホールディングス(NASDAQ:SIRI)
  • ウェルズ・ファーゴ(NYSE:WFC)
  • OGEエナジー(NYSE:OGE)

なぜ買いたいと思ったのか?などについては、またの機会に書きたいと思います。

では、また。

コメント